プロジェクトチーム~その6 事業計画書の作成はコチラのリンク~

事業計画書の作成まで進んだら、いよいよプロジェクトを実際に進行していく段になります。ここでアレもやってコレもやって・・・となるとどうしても何をどこまでやったか忘れがちになります。そこで、今回はプロジェクトの組み方と今後の流れ(フロー)を簡単に説明して参ります。
図もご用意しておりますのでご参考までにご利用下さい。

その前に確認ですが、どのような業態で事業を開始するかは決めましたか?個人事業主でしょうか?それとも法人?(株式)もしくは合同会社などでしょうか?別の記事でも書いておりますが、簡単に言うと年間の純利益で約400万円~を超えるようになってくると株式会社であるメリットを最大限に発揮できるようになってきます。また、従業員を雇う際にも助成金の援助を受けれる可能性があります。
但し、小さいお店でまずはスタート!という方の場合個人事業主として始める方が無難です。手続きも少なく費用もかかりません。業態は≪お金≫に密接に関わってくるので慎重に選択しましょう。迷ったら個人事業主としてスタートして下さい。


 

①商品化計画
②組織構成計画
③販促開店計画
④店舗施設計画
⑤許可申請計画
基本計画はこの5つを軸に進めていきます。これらは同時進行していかねばならない為、店舗立ち上げ時の正念場となります。
初期段階から人数がいるのであれば的確に人員を割り振り行動していきましょう。
飲食店独立開業計画フローチャート表

大まかなプロジェクト進行内容は上記の図のようになります。一人で行う場合は特に許可申請関係には気を付けて下さい。工事は進んでいるのに申請してなかった・・・工事が終わってないのに保健所が・・・工事の進行が遅れている・・・様々な要因があなたの進行を妨げる可能性があります。
チェック表を創るなどして進行を管理すると良いでしょう。

ここまで来れば後一息!!正念場で目まぐるしく時間が過ぎていき、いざオープン!となりますので、心構えをしましょう。
弊社ではこういったフローチャートも皆様に合わせてカスタマイズし、チェック表なども合わせて提供しております。
是非、お気軽にお問い合わせ下さい。
ステート・オブ・ジ・アーツお問い合わせ